ギャラリー外観

ブログ

花風水とは?プリザーブドフラワーの花風水

2020年07月22日

こんにちは、ちゅんみです。

 

みなさんは、お花を飾るときにどこに飾ろうか悩みませんか。

お家の中の風水を気にされる方もいらっしゃるかと思います。

 

そこで今回は、

花風水とは何か、プリザーブドフラワーの花風水についてご紹介します。

 

花風水とは

風水とは、古い中国の考え方。

「気」の流れを意識して、モノの置き方、方角などを決めていきます。

 

その中でも花を使った風水を「花風水」と呼びます。

 

花はどんな気を運んでくるの?

花や植物、生き物は「生気」を運び込んでくると言われています。

 

気の流れを生み出し、より良い運気をはこんでくると言われています。

 

 

【花風水】ピンク、白、オレンジのプリザーブドフラワーは恋愛運アップ

 

花風水では、ピンク、白、オレンジのお花は恋愛運アップに良いとされています。

寝室に飾ると良いそうですよ。

 

 

こんなラブリーなアレンジメント、可愛いでしょう。

 

【花風水】黄色のプリザーブドフラワーは金運アップ

黄色のプリザーブドフラワーは金運アップに良いとされています。

 

 

こんな黄色のアレンジメントはいかがでしょうか。

金運アップの黄色のお花は、「西」に飾ると良いと言われています。

 

飾る場所に悩んだら、ぜひ西に飾ってあげてくださいね。

お金がいっぱいになってしまうかも!?

 

【花風水】ピンク、黄色、白のプリザーブドフラワーは対人関係運アップ

ピンク、黄色、白の3色を玄関に飾ると、対人関係運がよくなると言われています。

もしも人間関係運をアップしたい場合は、参考にしてみてくださいね。

 

花風水で注意するポイント

花風水、ただその方角や場所に飾ればいいというわけではありません。

気を付けるポイントを踏まえておかないと、運気が悪くなるそうなので気を付けましょう。

 

・枯れたお花はNG

プリザーブドフラワーは枯れませんが、生花は枯れることがあります。

枯れた花をそのまま飾っていると、運気が下がるのでご注意を。

 

・ホコリに注意

水やりなどお世話が不要なマイペリドットのプリザーブドフラワー。

ついそのまま飾って放置しがちですが、ホコリにはご注意を。

ホコリが付いていると運気が下がるので、定期的にお掃除をしてくださいね。

 

・トゲがあるお花はNG

トゲは風水的にはよくないそうです。

マイペリドットでは、バラのプリザーブドフラワーを扱っていますが、トゲはありません。

花弁のみを使用していて茎はありません。茎はワイヤーで作っているのです。そのため、マイペリドットでは、バラのトゲの心配はありませんよ。

 

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

 

【お中元のマナー】何を送ればいい?時期は?

2020年07月20日

こんにちは、ちゅんみです。

 

今回はお中元のマナーや知識についてご紹介します。

 

お中元っていつ?時期について

お中元は夏のご挨拶と言われています。

 

地域によって時期が異なります。

首都圏だと、7月上旬から15日くらいまでに贈ることが本来の習慣だそうです。

しかし、最近では早まり6月下旬から贈ることもあります。

 

地方ではお中元の時期が異なります。

8月上旬から15日くらいまでを中元とします。

 

お中元を贈る相手とは

お世話になった方に感謝の気持ちを込めて贈ります。

基本的には、目下→目上、に送るのが一般的。

 

目上の方から贈られてきたときは、お礼をするのがマナーです。

 

お中元のお返しのマナー

目上の方からお中元が贈られてきたときは、お返しをしましょう。

同程度ものを購入してお礼をお伝えしてお贈りすると良いですよ。

 

贈らない場合でも、お手紙や電話などでお礼をお伝えしましょう。

 

お中元に「のし」をつけるの?

よく「のしはどうしますか?」と聞かれますよね。

のしは贈り物に漬けるイメージがありますが、お中元ではのしを付けない場合があります。

 

それは、生もののときです。

海産物やハムなどを贈る時は、のしがいらないのです。

 

お中元に何を選ぶ?

基本的に相手が受け取って喜ぶものを選びましょう。

自分の趣味を押し付けるようなものはあまり好まれません。

相手のことを考えて選んでみましょう。

 

なかにはお中元のマナー違反になるものもありますので、紹介します。

 

【お中元のマナー違反になるもの】

・刃物

贈るには危険なことと、縁を切るという意味にもなるため、刃物は避けましょう。

 

・ハンカチ

別れや涙をイメージするため、こちらも避けられがち。

 

・筆記用具

勉強をしなさい、しっかりと働きなさいというように受け取られるため、こちらも注意。

 

・履くもの

スリッパやサンダルは、踏みつけるというイメージがあり、NGです。

 

あれ?こう考えると、マナー違反になるものって多いですよね。

実際ハンカチなどはプレゼントでもよくありがちで渡してしまったという方も多いかと思います。

 

相手にもよりますが、実はマナー違反なものを貰っても、気分を悪くする方は少ないかと思います。

あえて、マナー違反なものを選ぶのはよくありませんが、相手のことを思ってプレゼントをする、心をこめて贈ることが大切。

きっと気持ちが伝わるはずです。マナーは大切ですが、気にし過ぎず感謝の気持ちを込めることを重視してくださいね。

 

お中元にはプリザーブドフラワーもおすすめ

涼しく感じるプリザーブドフラワーのアレンジメントもおすすめです。

夏でも水やりはいりませんし、水を変える必要もないのです。

お世話不要で、ただ飾るだけでOKなお花をプレゼントしてみませんか。

 

 

涼し気なアレンジメントがいっぱいありますよ。

 

今回も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

猫好きさんにおすすめしたいプリザーブドフラワー

2020年07月18日

こんにちは、ちゅんみです。

 

突然ですが、猫ってかわいいですよね~。

ちゅんみの幼い頃は猫が家にいました。

白猫のチビちゃん。

 

猫がいる家に生まれただけあって、猫は大好きです。

 

さて、そんな猫好きさんにおすすめのプリザーブドフラワーをご紹介します。

 

今にゃん時?な猫時計

こちらは猫ちゃんのシルエットがあしらわれているプリザーブドフラワー。

時計になっているのですよ。

時間をみるたびに、かわいい猫の姿も目に入ります。

ふんわりとしたやさしいアレンジメントになっています。

白地の時計なので、白い壁紙にも合わせやすいですよ。

 

 

ボックスに入っているので、プリザーブドフラワーにホコリがかからないようになっています。

 

ふんわりやさしいパステルカラーの時計もありますが、ビビットカラーも追加されました。

ビビットカラーのほうが猫ちゃんが引き立つかもしれません。

お好みでお選びくださいね。

 

大人っぽい黒猫アレンジ

こちらは黒猫ちゃんのシルエットのアレジメント。

目元にはスワロフスキーが。ちょっと大人っぽい仕上がりになっています。

猫ちゃんは立ってこちらを見ていますね。

いたずらでもしようとしているのかな。

 

 

カラフルなお花の上にある猫ちゃんのシルエット。猫ちゃんが引き立っていますよね。

 

シルエットじゃ物足りない方へ

 

 

シルエットじゃ物足りない猫好きさんにはこちらがおすすめ。

マイペリドットには、可愛いお顔のアレンジメントもありますよ。

 

 

 

わんちゃんのお顔が多いイメージがあるかもしれませんが、マイペリドットには猫ちゃんのお顔も豊富。

同じ柄がない場合は、ご指示いただければ可能な限り対応します。

 

猫の写真からオーダーメイドなお花

もっとうちの子により似せたいという方も多いはず。

そんな方には、写真から作る似顔絵のプリザーブドフラワーがおすすめ。

 

こちらは下絵から手作りですので、お届けまでお時間がかかります。オーダーをする際は、時間に余裕を持ってお願いします。

とっておきの猫ちゃんの画像をマイペリドットまで送っていただけたらお花にさせていただきますね。

 

誰に送る?猫のお花

猫好きさんへのプレゼントはもちろんですが、その他にもこんなプレゼントにおすすめ。

 

・動物病院の受付に

・開業祝いに

・猫カフェの受付に

・猫をお迎えしたお友達へのお祝いに

 

猫好きさんって、ネコ柄グッズを集めていることが多いです。

ちゅんみは傘が猫なほど。

 

みなさんもぜひ猫のお花を贈ったり、自宅にお迎えしませんか。

 

今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

プリザーブドフラワーのメリット・デメリット

2020年07月15日

こんにちは、ちゅんみです。

 

お花を買おうとして、生花かプリザーブドフラワーか、ドライフラワーかなど悩んだ経験はありませんか。

マイペリドットはプリザーブドフラワーのお店です。

できたら、多くのみなさんにプリザーブドフラワーを選んでいただけたら好都合。

しかし、プリザーブドフラワーにもデメリットはありますので、知っていただければと思います。

今回は、プリザーブドフラワーのメリット、デメリットについて可能な限り公平な目線で紹介してみます。

 

プリザーブドフラワーとは

そもそもプリザーブドフラワーとは何でしょうか。

プリザーブドフラワーとは、長期保存に向いたお花のこと。

元々は生花です。その生花を特殊な加工をして、長期保存できるようにしています。

 

プリザーブドフラワーのメリット

【枯れない】
まず最大のメリットと言えるのは、枯れないこと。

生花はいずれ枯れてしまいますが、プリザーブドフラワーは色が薄くなることはあっても、枯れることはありません。

 

【水やり不要】

プリザーブドフラワーは水やり不要です。

そのため花瓶にいける必要もありません。面倒なお世話もいりません。

植物のお世話が苦手そうな方にもプレゼントしやすいです。

 

【色が豊富】
着色することが可能なプリザーブドフラワー。

自然界のお花にはないさまざまな色を楽しむことができます。

 

【長く楽しめる】

枯れないだけでなく、形があまり崩れないため、数年は楽しむことができます。

 

プリザーブドフラワーのデメリット

【変化を楽しめない】
花であれば、いずれ枯れます。これはこれで変化を楽しめますよね。

鉢植えであれば、大きくなって成長して、そして植え替え。

そんな楽しみがありますが、プリザーブドフラワーには変化はほとんどありません。

 

【花の種類が少ない】

どうしてもプリザーブドフラワーを作るときは、加工しやすいお花を選ぶことになります。

ひと昔前は、あじさいやローズばかり。

でも、少しずつプリザーブドフラワーになるお花も増えてきました。

 

【紫外線に弱い】
植物を育てるなら、窓辺においていっぱい日光に当ててあげたいですよね。

しかしプリザーブドフラワーは紫外線に弱いです。窓辺に置くのはNG。

 

【値段が高い】

プリザーブドフラワーは加工からアレンジメントまで手間がかかります。

そのため、生花と比べると、ちょっとお値段がお高め。

 

プリザーブドフラワーの購入で迷っていらっしゃる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

PAGE TOP