ギャラリー外観

ブログ

プリザーブドフラワーとは?プリザーブドフラワーの作り方は少し手間がかかる

2020年02月27日

こんにちは、ちゅんみです。

 

プレゼントに選ばれるプリザーブドフラワー。

しかし、プリザーブドフラワーとは、そもそも何?と思う方も多くいます。

女性は馴染みがあるかもしれませんが、男性だとあまりお花に興味がないかもしれませんし、

プリザーブドフラワーとは何?と思いますよね。

 

そこで、今回はプリザーブドフラワーとは何か、作り方についてご紹介します。

 

プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーとは、生花や葉を特殊な薬剤の中に沈めて、長期保存を可能にした花のことを言います。

 

〇プリザーブドフラワーの長所

・水を与える必要がない

・生花と比較しても、みずみずしい質感があり、美しい
・花粉アレルギーの心配がない

・ウェディングブーケとしても利用可能で、思い出をずっととっておける

 

〇プリザーブドフラワーの短所

・作り方が特殊なため、価格が生花よりも高い
・湿気、紫外線に弱い
・花の色が移ることがある

 

プリザーブドフラワーは、長所ばかりが取り上げられがちですが、短所もあります。

ただ、湿気や紫外線については、置き場所さえ注意すれば長く飾ることができますので、ご安心くださいね。

 

プリザーブドフラワーの作り方

 

多くのお店では、まずプリザーブドフラワーを仕入れます。

このプリザーブドフラワーはお花の頭部分だけになっていて、長い茎はついていません。

そのため、茎を付ける作業があります。

1からプリザーブドフラワーを作るお店もありますし、お店によって作り方も若干異なります。

大まかにプリザーブドフラワーの作り方の流れをご説明します。

 

1お花を薬剤につける

 

2着色をする

 

3乾燥させる

 

4花にワイヤーをつける
ワイヤーだけでなくフラワーテープを巻くこともあります

 

5開花させる
仕入れの段階では花が満開ではない状態です。これは満開だと花弁があたり傷むから。

必要に応じて、開花をさせます。

開花作業は、花びらを1枚1枚剥がして、開かせる作業をするお教室もあれば、花弁の間にコットンを入れるお教室なども。

さまざまな流派があります。

 

6花をアレンジする
ここでやっとアレンジメントをします。

 

いかがでしょうか、このようにプリザーブドフラワーの作り方は工程が長いことがお分かり頂けたかと思います。

 

プリザーブドフラワーは生花と比べて価格が高い

プリザーブドフラワーの作品が完成されるまでは、長い時間と手間がかかります。

そのため、価格も生花よりも若干高いのです・・・。

 

しかし、割高だからと敬遠されることなく愛されるプリザーブドフラワー。

それはなぜかというと、やはり長期保存が可能だから。

 

世話も必要なく、少し高めの値段で数年も長く楽しめるプリザーブドフラワーはやはりギフトなどに選ばれています。

 

大切な方へのギフトやプレゼントにおすすめです。

 

今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

 

プリザーブドフラワー、何色がいい?相手別おすすめの色をご紹介

2020年02月25日

こんにちは、ちゅんみです。

 

みなさん好きな色ってありますか?

ちゅんみは、ブルーが好きです。

あと、はっきりとしたピンク(ショッキングピンクというのかな^^)も大好きです。

 

大切な方へのプレゼントだと、何色にしようかな~と悩みますよね。

どうでもいい人へのプレゼントなら、テキトーでもいいけど・・・笑

 

そこで、今回はプリザーブドフラワーのおすすめの色をご紹介します。

 

マイペリドットの作品は色々なカラーがあります

生花とは違って、プリザーブドフラワーはカラーが豊富です。

それは保存のための加工があり、着色加工もできるから。

 

 

こんな風にカラフルな作品が作れるのも、プリザーブドフラワーならではなのです!

 

かわいいでしょう?

 

でも、色が豊富だとプレゼントにも悩みますよね。

 

 

プリザーブドフラワー、迷ったら無難なピンク、赤を

やはり自然界に多くあるお花はピンクや赤です。

 

特に女性へのプレゼントが多いお花。

女性が好む色は、暖色が多いです。

女性へのプレゼントで迷ったら、ピンクや赤にしてみてくださいね。

 

 

 

やっぱりピンクや赤の作品は、これぞお花!という感じがします。

 

無難なお色が一番安心かもしれません。

 

でもちょっと冒険してみたい方は次の項目をご覧ください。

 

プリザーブドフラワー好きの人には「あえて」の色!ブルー!

ちゅんみは、元々プリザーブドフラワーのお教室に通っていて、自分でもアレンジしていました。

頂くこともあります。

 

どうしてもピンクの作品が多く、たまってしまうんですよね・・・。

 

 

こちらはちゅんみの寝室のピンクスペース。

 

ピンクばっかりでしょ^^

 

ちゅんみみたいに、たくさん作品を作ってきた人には、あえてのブルーなんていかがでしょう。

 

 

 

 

ほら、とっても涼しげです。

 

珍しい色のプリザーブドフラワーなので、喜んでもらえるはずです。

 

一言

「ピンクはいっぱいあるけど、青とか寒色って珍しいから選んでみたの。」と添えると良いですよ。

 

お花屋さんなどの実店舗では、売れやすいピンクや赤のプリザーブドフラワーが多くなります。

そのため、ブルーのプリザーブドフラワーは少ないのです。

マイペリドットには、寒色系も取り揃えていますので、ぜひカラー検索をしてみてください。

 

マイペリドットはカラーでも選べます

 

 

カラー別で商品が探せます。

 

プレゼントする相手のイメージに合わせた色も良いと思いますし、

ご自宅用なら、置き場所別に風水で選んでもいいかもしれませんね。

 

イメージぴったりの色のお花がきっと見つかるはず。

 

今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

ペットがお人形みたいに!お花でおめかしした新作のご紹介

2020年02月23日

こんにちは、ちゅんみです。

 

先日、都内の老人ホームに入所する祖母の見舞いに行ってきました。

祖母の居室には、写真が。

そこには、愛犬たちと子ども時代のちゅんみが写っていました。

 

いつまでも愛犬の思い出は薄れませんよね。

 

愛犬のチャッピーちゃんがお洋服を着ている写真が1枚ありました。

当時はあまり犬にお洋服を着せる習慣がなかったのですが、少しずつブームになっていき、

我が家も着せたことがあり、その記念写真だったんです。懐かしいなあ。

当時は、人間みたいでかわいい~と興奮しました^^

 

さて、今回は、まるで愛犬がドレスを着たような作品です。

マイペリドットの新作、フラワードールをご紹介します。

 

新作ができました!フラワードール

 

マイペリドットの新作がこちらです。

 

 

 

 

とってもラブリーでしょ!

フラワードールのような作品に仕上げました。

 

よくご覧ください、リボン下の部分をふんわりとさせています。

 

真上から見た様子がこちらです。

 

 

あ、まるでバレリーナが着用するクラシックチュチュみたい^^

 

真ん中の赤い子は、キトリかもしれませんね。

ずっとバレエを続けているちゅんみは、こんなバレエ要素のある作品は大好き。

色々想像が膨らみます。

 

だって、大好きなペットちゃんがバレエを踊ってくれたら嬉しいんですもの。

 

ちゅんみのお財布をご覧ください。

 

(※こちらはマイペリドットの商品ではありません><)

 

こちら、動物たちがバレエを踊っているんです。

これ、すっごくお気に入りのお財布。

ちゅんみはうさぎを飼っていて、バレエが大好きなんです。

うさぎ、バレエの大好き要素が詰まったこのお財布は大のお気に入り。

 

さて、お話をプリザーブドフラワーに戻しましょう。

 

バレエ好きさんにもおすすめ

バレエ好きさんは、バレエグッズを集める方が多いです。

レッスン用のバッグやレオタードを入れる袋はバレエのデザイン。

スケジュール帳など文具もバレエ柄だったり・・・。

 

ちゅんみのように、お財布をバレエにしている方もいます。

 

新作のフラワードールも、バレエっぽいので、バレエを習っている方にプレゼントしてみませんか。

女の子ちゃんのペットを飼っている方、ラブリーなデザインが好きな方、バレエを習っている方におすすめです。

 

ギフト包装します!ケースごと飾れます!

 

 

透明なケースに入れてお送りします。

ほこりをかぶる心配もないので、このまま飾るのもおすすめ。

 

ギフト包装も無料です。

 

どの子で作りたい?

 

 

この子たちのお顔でお作りが可能です。

そっくりな柄がない場合は、オプションで対応することも可能な場合がありますので、まずはご相談ください。

 

バレエの発表会の差し入れにもいいですよね。

 

今回も最後までご覧くださり、ありがとうございました。

プリザーブドフラワーとは何か、生花やドライフラワーとの違い

2020年02月21日

こんにちは、ちゅんみです。

 

マイペリドットで取り扱っている商品は100%プリザーブドフラワーです。

最近では、町のお花屋さんでもプリザーブドフラワーが多く取りあつかわれていますよね。

 

しかし、プリザーブドフラワーとは何なの??と思う方もまだまだ多くいらっしゃいます。

 

今回は、プリザーブドフラワーとは何か、生花やドライフラワーとの違いご紹介します。

 

プリザーブドフラワーとは何か

プリザーブドフラワーのプリザーブドとは「保存」という意味です。

保存加工をしている特殊なお花で、枯れない、水やり不要という特徴があります。

 

 

上の画像の右側のピンク色のローズは、時間が経ったプリザーブドフラワーです。

まったく同じ色の新しいローズは左側。

比べてみると、右側のローズが少し退色しているのがお分かりいただけるかと思います。

 

経年劣化をしても、お花がボロボロになることはなく、長く開花した状態を保てるのがプリザーブドフラワーの良いところです。

 

プリザーブドフラワーの生花との違いは?

生花は文字通り生きたお花。

 

 

こんな風に屋外に咲いています。

自然そのもので、綺麗ですよね~。

生きている命ならではの美しさがありますが、生きているため、枯れることもあります。

花期が終われば、お花は閉じてしまうのです。

 

水やりはもちろん必要ですし、花瓶であれば水替えも。

 

プリザーブドフラワーは元々生花です。

生きているお花をプリザーブド加工をしています。

 

 

そのため上の画像のように自然界にはないブルーのローズがあることも。

元々生花なので、作り物っぽい違和感がなく、自然な仕上がりです。

 

プリザーブドフラワーのドライフラワーとの違いは?

ドライフラワーも元々生花でした。

その点はプリザーブドフラワーと同じですね。

ドライフラワーは乾燥させた植物のことで、ぱりっとした質感になります。

空気に触れるので、茶色く変色することも。

 

咲いていた状態とは少し異なるのがドライフラワーです。

しかしそれがドライフラワーの魅力。

 

ドライフラワーは水やりは不要です。

お世話が不要なところもプリザーブドフラワーに似ています。

 

結局プリザーブドフラワーとは何?

プリザーブドフラワーは

生花のように開花した状態を長く保てるお花。

ドライフラワーのように手入れやお世話が不要なお花。

 

と言えます。

生花とドライフラワーのいいとこどり、という気がちゅんみはします^^

 

プリザーブドフラワーがいいか、生花、ドライフラワーがいいかは人それぞれ。

正解はありません。

 

プレゼントなら、お渡しする相手によって分けてもいいかもしれませんね。

 

今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

PAGE TOP