ギャラリー外観

ブログ

なぜプリザーブドフラワーは小さいのに値段が高いのか、お答えします

2021年04月01日

こんにちは、ちゅんみです。

 

プリザーブドフラワーはとってもかわいいアレンジメントばかり。

ちゅんみは大好きです。

 

でも、プリザーブドフラワーは高い、という印象を抱く方もいらっしゃいます。

サイズは小さいのに、値段は結構高いよね、とちゅんみも実は思ったことがあります…><

 

そこで今回は、

プリザーブドフラワーのアレンジメントが小さくて、お値段が高めの理由を解説していきます。

 

プリザーブドフラワーは特殊な加工をしている

まず、プリザーブドフラワーは生花とは異なります。

枯れないお花として有名なように、枯れないことが特徴

 

普通のお花であれば、枯れてしまいますよね。

プリザーブドフラワーは枯れないように特殊な加工をほどこすのです。

 

ここにまずひと手間があり、お値段が高くなる要因です。

 

プリザーブドフラワーは1つ1つ手作業

プリザーブドフラワーを作ったことがある方なら、ご存じかと思いますが、

お花は茎がありません。

 

ワイヤーを通して、茎を作ってアレンジしていくのです。

 

花弁は満開の状態ではないことから、開花させる作業が発生する場合も。

ちゅんみが昔通っていたお教室では、開花させる作業をメリアと呼び、ちょっと細かな作業でした。

 

メリアは、花弁1枚1枚を剥がしてから、開くような形にして接着剤でつけていくのです。

花弁の間に綿を入れて、開花させる流派もあります。

 

お教室によってそれぞれ行う作業は異なりますが、プリザーブドフラワー作りで共通することは、手作業だということ。

かなり細かな作業ですので、その分だけ値段がどうしても高くなるのです。

 

生花を頻繁に買うことを考えたら安い?

生花の場合、水換えをして傷んだお花は処分するかと思います。

そして、新しいお花をまた購入しますよね。

 

安い生花のブーケであれば、500円ほど。しかし、夏場は植物が傷みやすく、あまり長持ちはしません。

 

プリザーブドフラワーであれば、小さなものなら2000円程度。

それで数年は美しい状態で飾れるのです。

毎回生花を買うことを考えると、プリザーブドフラワーは安いかもしれません。

 

ちなみに、ちゅんみは、10年ほど前のアレンジメントもまだ自宅に飾っています。

10年経っても綺麗ですよ。

長く飾れることを考えれば、コスパは悪くないかもしれませんね。

 

こちらはちゅんみのおばが持っている、10年以上は前にオーダーしたマイペリドットのアレンジメント。

 

 

 

現在の様子ですが、ボロボロになることなく、かわいいまま飾られています。

やや退色はありますが、愛犬との思い出がよみがえるとおばはお気に入り。

(こちらのアレンジメントは、ポメラニアンで、おばはポメラニアンを飼っていましたがすでにお空に行ってしまいました)

 

長く飾れるプリザーブドフラワーをぜひご自宅にお迎えしませんか。

 

今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

 

プリザーブドフラワーをネット通販で買うメリット

2021年03月30日

こんにちは、ちゅんみです。

 

マイペリドットはインターネット上でプリザーブドフラワーを販売しているお店です。

あ、実店舗もありますよ~。

 

しかし、メインはネット通販。

 

さて、今回は、

プリザーブドフラワーをネット通販で購入するメリットをまとめてみます。

 

プリザーブドフラワーをネット通販で購入するメリット

まずメリットとまとめて挙げてみます。

 

  • 商品が多い
  • 珍しいカラーがある
  • ゆっくり自分の時間で買い物ができる
  • サプライズができる
  • 他店との価格比較ができる
  • 外に出ずに買い物ができる
  • いつでも買い物ができる

それぞれ詳しく見てみましょう。

 

メリット①商品が多い

店舗には限りがあるため、あまりプリザーブドフラワーを置けませんが、ネットであれば、たくさんの商品を展示することができます。珍しい商品を探したい方は、ネット通販がおすすめ。

 

ちなみに、マイペリドットでは、オーダーをいただいてから作成していますので、作り置きをお客さまにお届けすることはありません。

 

メリット②珍しいカラーがある

プリザーブドフラワーは着色加工ができるので、赤やピンクなどよくある色だけでなく、グリーンや青など変わった色のお花もお作りが可能です。実店舗ではなかなか売れないようなカラーはネット通販で売られやすいです。

 

他にはないお色を探している方はネット通販でお探しください。

 

メリット③ゆっくり買い物ができる

お店で商品を見ていると、店員さんがお声がけをしてくれますが、これがプレッシャーになる方もいますよね。

ネット通販であれば、自分のペースでゆっくりと商品が見れますので、よいですよ。

 

メリット④サプライズができる

プロポーズや誕生日、結婚記念日など、サプライズしたいときに、ネット通販ならこっそり買うことができます。

実際に、このようなサプライズをする方もいますので、ぜひやってみませんか。

 

メリット⑤他店との価格比較ができる

実店舗だと、複数のお花屋さんに足を運んで価格比較をするので、ちょっと大変。

しかし、ネット通販なら、ネットサーフィン感覚で価格比較ができます。

 

メリット⑥外に出ずに買い物できる

感染症の拡大が気になるなか、ネット通販であれば対面なしでお買い物が可能です。

これはコロナ禍のなかでも大きなメリットと言えるでしょう。

 

メリット⑦いつでも買い物ができる

ネット通販なら24時間いつでもどこでも買い物が可能。

思い立ったら今すぐ買いたい! でもお店が開いてない…ということもありますよね。

ネットならいつでもお買い物ができますので、夜でも安心してオーダーしてください。

 

実店舗ももちろんよいですが、ぜひネット通販も活用してみてくださいね。

 

今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

プリザーブドフラワーとは|メリット(長所・魅力)をまとめてみた

2021年03月27日

こんにちは、ちゅんみです。

 

プリザーブドフラワーは贈答品で人気。

お花は女性が喜ぶ傾向にあり、無難なプレゼントと言えるでしょう。

 

プリザーブドフラワーは母の日、結婚記念日、誕生日、ホワイトデーなどで選ばれてきているのですよ。

 

さて、今回はプリザーブドフラワーのメリットをまとめてみましたので、お付き合いください。

 

プリザーブドフラワーのメリット(長所・魅力):枯れない

このブログでも何度も書いてきているプリザーブドフラワーの魅力の1つが枯れないこと。

プリザーブドフラワーとは、特殊な加工ほどこされたことで、開花した綺麗な状態を数年は保つお花のこと。

 

枯れない花として人気なのです。

 

プリザーブドフラワーのメリット(長所・魅力):カラーバリエーションが豊富

プリザーブドフラワーにはさまざまな色があるのをご存じでしょうか。

ピンクや赤はオーソドックスで、無難ですので、プレゼントにはよく選ばれます。

 

そのため、実店舗ではよく売れるピンクや赤のプリザーブドフラワーが多いのです。

しかし、プリザーブドフラワーは着色加工することができますので、自然界にないカラーにすることが可能

グリーンや青、茶色、紫などの花弁が楽しめますよ。

 

しかし、珍しい色のプリザーブドフラワーは実店舗では売れにくいため、扱っていないことも…。

 

そんなときはネット通販です。

ネット通販にはさまざまなプリザーブドフラワーが売られていますので、きっと好きなカラーが見つかります。

 

自分のイメージカラー、推しキャラのイメージカラーなどで選ぶのもおすすめ。

 

プリザーブドフラワーのメリット(長所・魅力):手間がかからない(水やり不要)

植物を育てる場合は、お世話が必要です。

水やり、植え替え、剪定、花がらつみなど。

 

ちょっと植物を育てるのって、面倒なイメージがありますよね。

 

しかし!

プリザーブドフラワーはこれらのお世話が不要です。

水やりもいらないので、そのまま飾っていただくだけ。

 

とっても簡単ですので、ギフトにも向いています。

 

プリザーブドフラワーのメリット(長所・魅力):花粉がない

ちょうど今の時期、花粉症で苦しんでいる方も多いですよね

 

プリザーブドフラワーは花粉があるのでは、と心配な方もいるかもしれませんが、ご安心を。

 

プリザーブドフラワーには花粉はありません。

 

花粉症の方も安心してプリザーブドフラワーを飾れますよ。

ちなみに花の香りもしませんので、香りが苦手な方も楽しめます。

 

魅力いっぱいのプリザーブドフラワー。

ぜひお迎えしてみませんか。

 

今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

 

プリザーブドフラワーは土を使っている?虫はつく?

2021年03月25日

こんにちは、ちゅんみです。

 

虫が苦手な方って多いですよね。

ちゅんみは、昆虫を見るのは好きですが、触るのは苦手。

(虫がいて、大さわぎすることはないですが…夫が苦手で毎回騒ぎます笑)

 

植物を育てたいけれど、虫がつくのはちょっと…という方もいますよね。

 

今回は、プリザーブドフラワーに虫はつくのか、まとめていこうと思います。

 

プリザーブドフラワーは土を使っているのか

 

一般的に植物は土を使用します。

培養土を好む虫もいますので、気が付いたらコバエがでてしまったということも。

 

プリザーブドフラワーはどうでしょうか。

 

プリザーブドフラワーは土を使ってはいません。

流派によってプリザーブドフラワーの作り方は異なるかもしれませんが、多くはスポンジを土台にして、そこにプリザーブドフラワーを挿していくのです。

 

つまり、土を使っていませんので、プリザーブドフラワーに虫やニオイが気になる心配はほぼありません。

 

生花などと比べると、プリザーブドフラワーは比較的衛生的に楽しむことができます。

 

プリザーブドフラワーは湿気に注意

プリザーブドフラワーは湿気を嫌いますので、置き場所に注意をしてください。

 

キッチン、風呂場、洗面所などの水まわりには気を付けましょう。

水が付くと、花弁が傷むことがあります。

 

プリザーブドフラワーに虫がつくこともある

プリザーブドフラワーは、湿気が原因でカビが生えることが…。

そのカビをエサにする虫がついてしまうことはあり得ます。

 

プリザーブドフラワーは花弁や根元など、狭い箇所、入り組んだ箇所があるので、虫が隠れやすく、繁殖していても気が付きにくい傾向にありますので、こまめに様子を見てみましょう。

まじまじとよく見たら、実は虫がいっぱいいた! なんてことも考えられるのですよ。

 

もしもプリザーブドフラワーに虫がついたら

一般的に植物に虫が付いたら、薬剤を撒いて対処します。

 

しかし、プリザーブドフラワーは薬剤をかけることで傷みますので、薬剤は不向きです。

虫が少しであれば、ティッシュなどで取り除いてください。花弁を傷ませないように、そっと作業をしてくださいね。

対処できないほどたくさん虫が繁殖していた場合は、プリザーブドフラワーを処分することも選択肢の1つとしてお考えください。

せっかくのお花を捨てるのは…と思うかもしれませんが、

他のプリザーブドフラワーにも虫がついてしまうことがありますので、必要に応じて処分してくださいね。

 

今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

PAGE TOP