ギャラリー外観

ブログ

身近だけどあまり見かけない植物のご紹介

2019年11月07日

みなさん、こんにちは。ちゅんみです。

 

マイペリドットをご利用下さる方は、動物好きの方、植物好きの方、動物好きのお知り合いにプレゼントを渡したいと考えている方が多いです。

今回は、植物好きの方向けに、身近なのにあまり見かけない植物をご紹介します。

 

イガイガのクリ

 

イガイガしたかわいい殻斗(かくと)に入った果実がおいしいクリ!

秋の味覚ですよね。ちゅんみ、栗ご飯が大好きです。

そんなクリは日本人とは深くかかわっていて、なんとクリを縄文時代から食べているそうです。

 

この殻斗は割れて、中の果実が顔をだします。

 

スーパーで売られているクリはイガイガに入っていませんので、そもそもクリにこのようなイガイガがあることを知らない方もいるんだとか。

特に子供さんは知らないことが多いので、是非栗拾いに行ってみませんか。

 

ふわふわの綿

 

 

綿花です。こちらは、お花ではないんですよ。綿のお花はまた別にあります。

お洋服やタオル、スキンケアのコットンなど、私たちの生活のすぐそばにある綿ですが、このように植物でなっているのを見る機会は少ないかも。

触ってみるととてもふわふわで気持ちがいいので、見つけたらやさしく触ってみませんか。

ちなみにこちらはプランターで育てています。

 

なぞの実の正体は・・・!?

 

 

 

さて、突然ですが問題です。こちらの実、なんだかわかりますか??

オリーブ?

ああ、確かにオリーブににていますね。でも葉が違いまーす。

 

・・・実はこちらはコーヒーの実です。

この実は、だんだんと赤くなり、収穫して種を焙煎しておなじみのコーヒー豆になります。

赤くなるため、コーヒーチェリーと呼ばれます。なんだかおいしそうですよね。

あ、でもちゅんみいい大人なのにいまだにコーヒーが飲めません。カフェオレは好きなのですが・・・^^;

 

紅茶は茶葉といって葉を利用しますが、コーヒーは豆なところが紅茶とコーヒーの大きな差です。

 

ちなみにコーヒーのお花は白いお花。

コーヒーの香りはしませんが、良い香りがしますよ。

 

手づくりアレンジメントに挑戦しませんか

フラワーアレンジメントはちょっと面倒。プリザーブドフラワーにワイヤーを通して、茎を作って・・・

バランスを考える必要もあり、大変ですが、

お皿に置くだけで季節感あるアレンジができますよ。

 

お散歩でみつけた松ぼっくりやスーパーで買った唐辛子、お花屋さんにあるフォックスフェイスでこんなアレンジも。

 

 

松ぼっくりは、縁を絵具などで金色に塗ると、ゴージャスになりますので、挑戦してみてくださいね。

 

ただお皿の上に盛っているだけですが、どうでしょう?かわいくないですか??

とても簡単に季節のアレンジができます。

ボンドなどもいりませんよ。

 

ここに綿をくわえてもいいですよね。

 

手作りアレンジメントなどで、季節の移り変わりを楽しんで下さいね。

今回も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

花粉なしでアレルギーの心配なし!プリザーブドフラワーはお見舞いにもOK

2019年11月05日

みなさん、こんにちは。ちゅんみです。

 

実はちゅんみ、数日前からくしゃみが止まりません。

最初は風邪かと思いましたが、どうやらアレルギーっぽいです。

植物が好きなので、大きな公園や自然のある場所へ行き、植物の写真を撮るのが趣味なのですが、

即売会を発見してしまい、ついついたくさん植物を買ったのです。そしたら、くしゃみが止まらず。

イネ科の植物を買ったので、もしかするとアレルギーなのかも・・・。

 

花粉症など、辛いですよね。

さて、花粉アレルギーに絡めて・・・
今回は、プリザーブドフラワーに花粉はあるのか、病院のお見舞いには持って行けるのか、についてまとめてみます。

 

プリザーブドフラワーは花粉がない

そもそも花粉とは何でしょうか?

花粉とは、おしべから出る細胞です。

風に花粉を乗せて飛ばす植物や、虫を媒介として使う植物もあるのはすでにご存じかと思います。

この花粉が飛ぶことで、人によってはくしゃみをするなどアレルギーがあります。

 

しかし、

プリザーブドフラワーには花粉がありません。

そのため、花粉アレルギーの心配はなく、安心してプレゼントができます。

 

花粉症といっていたお友達へのプレゼントにもぴったりですよ。

 

病院へお見舞いのお花としてもOK

病院への生花の持ち込みは、最近禁止されていることが多いです。

理由は、花粉アレルギーの方がでると大変だから。

そして、生花は花びらが落ちたりすることもあり、生花のお手入れが大変なのも理由の1つ。

さらに、生花には素敵な香りもありますよね。

この香り、ちゅんみは好きですけど、生花の香りが苦手な方もいらっしゃいます。

 

病院には色々な方がいますので、生花の持ち込みは好まれません。

色々な人のことを考えないといけませんからね。

 

でもプリザーブドフラワーならお見舞いのお花としても歓迎されることが多いです。

 

プリザーブドフラワ-も嫌われることがある

人それぞれ考え方が違いますが、プリザーブドフラワーを入院中にもらって嫌だったという方もいます。

それは、長持ちするがゆえの理由です。

 

退院後もお花を部屋に飾っていると、辛かった入院生活を思い出すとのことでした。

 

贈る相手に合わせて、プリザーブドフラワーをお見舞いに送るのか、それ以外のものにするのか、考えてみてくださいね。

でも、ちょっと難しいですね・・・。

 

このように、入院中のものを、退院後に見ると辛い闘病生活を思い出す方がいるので、

処分しやすいものを贈るのもおすすめです。

本やパズルなどがいいかもしれませんね。

 

早く元気になってね、そんな気持ちを込めて贈り物をしてくださいね。

 

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ボックス、リース、ハーバリウムなどマイペリドットの商品の良さをそれぞれ解説

2019年11月02日

みなさん、こんにちは。ちゅんみです。

 

マイペリドットのお花はすべてプリザーブドフラワーでできています。

ボックスアレンジ、壁掛けリース、ドーム、ハーバリウムなどなど…マイペリドットの商品は色々な種類があります。

今回は、商品それぞれの良さや選び方のコツについてご紹介します。

 

ボックスアレンジ

 

プリザーブドフラワーのアレンジメントで一番多いのがボックスアレンジかと思います。

 

箱にお花を敷き詰めた美しいアレンジメントは飾る場所を選びません。

また、ボックスの置き方次第で表情も変わって、とても魅力的なんですよ。

 

 

入れものを変えるだけでもずいぶん印象がかわります。

スタンド付きだとナナメに飾れます。

入れもので選んでみてもいいですよね。

 

壁掛けリース

 

かわいらしいリースも壁にかけて飾りやすいですよ。

上の方に飾りたい方にも良いかと思います。

 

ふんわりとボリュームのあるリースはとってもかわいいですよ。

 

ただし、壁に穴を開ける必要があることもあり、プレゼントの際は少し相手を選んだ方がいいかもしれません。

ラウンドアレンジ

 

 

ポットに入れて、こんもりとラウンド型にアレンジしたお花もかわいいです。

立体感がありますよね。

どこからみてもかわいくなるように丸くアレンジされているのがラウンドアレンジの特徴です。

作品には正面がありますが、どの角度からみても綺麗に仕上がっていますので、色々な角度からお花を眺めたい方におすすめです。

テーブルに飾りたい方にはラウンドアレンジはおすすめですよ。

ドームアレンジ

 

 

ホコリが気になる方にはドームアレンジがおすすめです。

フタがあるとホコリ掃除が楽なのでおすすめです。

 

フタがないアレンジではラッピングされた状態のまま飾ってもいいかもしれません。

ちゅんみは、掃除が面倒なので、以前お花教室で作った作品をケースにいれたまま飾っています。

 

 

透明ケースは100円ショップでも売られているので、ぴったりなサイズのケースに入れて飾るのもおすすめです。

とっても掃除が楽ですよ。

 

ハーバリウム

 

植物標本と言われて人気があるハーバリウム

こちらもホコリの心配がいらないので、おすすめの商品です。

ただし、瓶にお花をいれるため、どうしても小さなお花ばかりになってしまいます。

 

ボリューミーなお花を楽しみたい方は、ボックスなどのアレンジメントがおすすめです。

ハーバリウムってただ瓶にお花を入れているだけでしょう?だなんて思わないでくださいね?

実は奥が深く、オイルにどの順番でお花を入れるか、どの位置に入れるかでずいぶん仕上がりが違うんです。

こちらも正面がある作品ですが、どの角度から見てもかわいいですので、色々な角度から眺めて楽しんで下さいね。

 

プリザーブドフラワーと言っても種類はたくさんあります。

飾る場所やプレゼントしたい相手などに合わせて商品を選んでみてくださいね。

 

今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

送別会でお花をプレゼント…相場は?マナーはあるの?

2019年10月31日

みなさん、こんにちは。ちゅんみです。

今年も残すところ2ヶ月となりました。もう送別会や忘年会などの時期ですね。

 

年末で退職する方や異動などもあるかと思いますので、

今回は送別会でお渡しするお花の相場やマナーについてご紹介します。

 

送別会でのお花、相場はいくらくらい?

一般的に、送別会などでは花束をお渡しすることが多いです。

相場は3000円~5000円ほど。

 

お花屋さんに事前に電話でオーダーしておいて、忘年会直前にお花屋さんにお花を取りに行き、お渡しすることが多いです。

 

ちゅんみも上司が異動になったときは送別会でお花をオーダーしてお渡しした経験があります。

役職のある方、長年働いて定年退職をする方の場合の相場は、

5000円~10000円ほど。

お値段が上がるため、花束がボリューミーになることもあります。

 

送別会でのお花は生花?プリザーブドフラワー?ドライフラワー?

一般的に、送別会では生花が選ばれます

生花でも鉢植えではなく、ブーケ、いわゆる花束です。

 

あまりプリザーブドフラワーやドライフラワーは選ばれません。

 

そもそも忘年会でお渡しすると、貰った方は持ち帰らなくてはいけないため、大きすぎる花は避けられがちです。

鉢植えも持ち帰るのが大変なので、手で持ちやすいブーケが選ばれます。

 

ドライフラワーはどうしてもフレッシュさに欠けてしまうため、選ばれないことが多いんです。

ブーケが少ないという理由からもプリザーブドフラワーは選ばれにくいことも・・・。

 

少し表現が良くないですが、生花は傷みますので、お渡ししても時間がたてば処分されます。

そういう意味では、気に入ってもらえなくても・・・というところもあります・・・。

貰ったお花を気に入って喜んでくれる方もたくさんいますので、ご安心くださいね。

送別会でのお花で選んではいけないものはある?マナーは?

基本的に、お花屋さんにオーダーをするなら、

「送別会でお渡しするお花を3000円くらいでお願いします」とお伝えすれば、見合ったものを作って下さいます。

簡単に送別会で渡すことをお伝えしておけば問題ないでしょう。

 

送別会でのお花にもマナーが実はあり、白いお花は敬遠されがちです。

理由はお葬式を連想するからです。

 

また赤いお花も血を連想するため、避けられることがありますので、ご注意ください。

 

プリザーブドフラワーは渡してはいけないというマナーはありませんが、

男性にお渡しする場合は、困ってしまうこともあるかもしれません。

プリザーブドフラワーは長く飾れるため、お花を部屋に長く飾ることに違和感がある男性もいるようです。

可愛いんですけどね・・・。

生花なら、一時しか飾らないのでよくても、プリザーブドフラワーは長持ちするから困るという男性も中にはいるので、

プリザーブドフラワーをお渡しする場合は、よく相手のことを考えてみてくださいね。

 

今年もあと2ヶ月。

お世話になった方にお花をプレゼントしませんか。

 

今回も最後までご覧くださり、ありがとうございました。

 

PAGE TOP