ギャラリー外観

ブログ

ペットの事件・事故を防ごう!注意点を紹介

2022年11月13日

こんにちは、ちゅんみです。

 

マイペリドットのブログをご覧くださる方は、どうぶつ好きさんが多いかと思います。

ペットをお迎えしている方もいるでしょう。

 

おうち時間が増えたことで、ペットをお迎えする人も増えていますが、事件や事故も増えてきているようです。

そこで今回は、

ペットの事件・事故を防ぐための注意点をまとめます。

 

注意点|係留

まず、係留に気をつけましょう。

こんな事件がありました。

 

参考:ヤフーニュース

 

リードフックに愛犬をつないでいたところ、知らない人が蹴ったそうです…。そして、飼い主さんも危害を加えられたようでした。

 

まず、係留自体は悪いことではありません。この飼い主さんに非はありません。

ペットが入れない場所に、やむを得ずに行く場合は、係留する必要もあります。

しかし、係留に不慣れな子が、パニックになってリードが抜けて逸走してしまうリスクもあります。

長時間の係留はおすすめしません。

この記事にあるような不審者から守ることは非常に難しいですが、なるべく短時間の係留を心がけ、常にペットが視野に入るようにしておきましょう。

このような事件が起こり得ることも念頭に置いておくとよいかと思います。

 

注意点|リードのサイズをこまめにチェックする

換毛をするとペットの体のサイズが変わります。

リードが緩くなることもあります。

そこから逸走につながるので、こまめに体格に合っているかチェックしてください。

 

注意点|ノーリードで外に出ない

ノーリードも逸走の危険性があります。

抱っこでも危険です。暴れて落下して、そのまま走ってしまうこともあります。

普段はおとなしい子でも、大きな音に驚くことはあるので、ノーリードで外に出ることはやめましょう。

 

注意点|旅行先では逸走対策をする

ペットと一緒に旅行をする方もいるかと思いますが、旅先で「ここはどこだろう、おうちに帰らなくちゃ」とペットが思って逃げてしまう子もいます。

慣れない場所で不安定になることも。

短時間飼い主の姿が見えなくて、不安になり探しに出て、そのまま帰って来ないこともあり得るので、旅行先での逸走対策は気をつけてください。

 

窓を開けたままにしない、車の乗り降りでもリードをつけて離さない、ノーリード抱っこをしない、などご注意ください。

 

注意点|ドッグランですぐにリードを離さない

ドッグランに到着してすぐにリードを離すことはおすすめしません。

その場の空気に馴染んでからにリードを離しましょう。

テンションが高まっている犬もいます。その勢いに圧倒されて、来たばかりの子がパニックになり、ドッグランの出入口から逃げてしまうこともあります。

(ドッグランの出入口は二重になっていることが多く、きちんと対策はされています)

 

 

大切な家族を守るためにも、少しの注意をしてみてくださいね。

今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

プレゼントにお花を贈るのは迷惑?プリザーブドフラワーは大丈夫なのか

2022年11月11日

こんにちは、ちゅんみです。

 

結婚祝い、出産祝い、誕生日祝い、還暦祝い、新築祝いなど、お祝いシーンはたくさん。

プレゼントとしてなにを贈ろうかなと悩んだときに、定番であるフラワーギフトを選ぶ方もいますよね。

しかし、「お花をもらってしまってちょっと迷惑」と感じる人もいるのです。

 

そこで今回は、

お花をもらうと迷惑な理由とプリザーブドフラワーは迷惑になるのか解説します。

 

お花をもらうと迷惑な理由

お花をもらうと迷惑だと思う人もいます。

もちろん、お花をもらって喜ぶ人もたくさんいるので、すべての人が迷惑に感じるわけではありません。

 

お花が迷惑だと思う人の理由は、自宅に花瓶がないからです。

 

お花はすぐに水に挿さないといけないので、花瓶が必要です。

急なプレゼントだと、花瓶の用意がなくて迷惑に思ってしまうこともあるのです。

 

花瓶を持っていたとしても、サイズが合うかはわかりません。

そのため、お花は迷惑がられてしまうこともあります…。

 

また、お世話の方法がわからなくて迷惑と思う人もいます。

水替えのタイミングがわからない方もいるのです。

 

独特なニオイが苦手で、「虫が出るのではないか」という不安を抱く人も…。

 

お花は定番ギフトですが、ちょっと嫌われてしまうこともあるのです。

 

プリザーブドフラワーは迷惑になるのか

一部の人に、お花が迷惑になってしまうことはわかりましたが、プリザーブドフラワーはどうなのでしょうか。

 

結論から言うと、生花ほどは迷惑がられないことが多いです。

プリザーブドフラワーは花瓶が不要で、お世話の必要もありません

お花の知識がなくても、ただ置いて飾るだけなので、迷惑がられにくいのです。

 

ニオイもないため、虫も集まりにくいのも特徴です。

 

しかし、そもそもお花が好きではない人もいるでしょう。

部屋のインテリアにこだわっていて、自分が「いいな」と思ったものしか飾りたくない人にとっては、好みではないプリザーブドフラワーが迷惑に感じることもあります。

 

プリザーブドフラワーは、長く飾れるものなので、処分もしにくいこともあります。

贈り主が自宅に来たときに、「プレゼントしたお花がないな」と思ってしまう懸念もあります。

このことから、プリザーブドフラワーの処分に困ることもあるのです。

 

プリザーブドフラワーを贈るときは、相手によってはひとこと相談するのもよいかもしれません。

相手が心から喜んでくれる贈り物をしたいですね。

今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

ギフトに写真から作るプリザーブドフラワーがおすすめの理由

2022年11月09日

こんにちは、ちゅんみです。

 

マイペリドットには、写真から作るプリザーブドフラワーがあります。

こちらギフトに人気があるのですよ^^

 

今回は、写真から作るプリザーブドフラワーがギフトにおすすめの理由を紹介します。

 

ギフトにおすすめの理由|業界安値だから

 

写真から作るプリザーブドフラワーは、まずお客さまからお写真のデータをいただき、それに基づいて型枠を作ります。

この型枠ですが、実はマイペリドットの店主の父が作業をしています!!

そのため、かなりお値段をおさえての制作が実現できているのです。家族ならではですね^^

 

オリジナル系のプリザーブドフラワーとしては、かなりお値段が安く設定できているかと思うので、こちらがおすすめの理由の1つです。

ギフトにおすすめの理由|世界に1つだけの作品だから

プリザーブドフラワーは、どれも世界に1つだけの作品なのですが、特に写真から作るプリザーブドフラワーはデザインそのものがこの世に1つだけしかありません!

 

そんなオリジナルのギフトをもらったら嬉しいですよね。

 

世界に1つだけなことも。ギフトにおすすめする理由の1つです。

 

ギフトにおすすめの理由|すべて手作りだから

マイペリドットでは、すべて職人が手作りで作業をしています。

1つ1つの工程を心を込めて作業をしているので、ギフトにも最適です。

 

ギフトにおすすめの理由|長く飾れるから

写真から作るプリザーブドフラワーは、その名のとおりプリザーブドフラワーでできています。

普通のお花だと、傷んでしまいますが、こちらはプリザーブドフラワーなので数年は綺麗な状態を保ちます

一般的には、2年ほどと言われていますが、それ以上の年数が経ってもボロボロになることはほぼありません。

色が少し変色するくらいでしょうか。

 

大きな変化がないことも、ギフトに向いている理由です。

 

 

写真から作るプリザーブドフラワーとは

写真から作るプリザーブドフラワーは、お客さまから画像データをお預かりして、そのデータを元に作成するプリザーブドフラワーのこと。

 

 

マイペリドットでデザインを制作したあと、お客さまに確認していただき、お客さまのOKが出たら作業を開始します。

 

 

記念となるお写真をぜひマイペリドットまでお送りくださいね。

 

 

くわしくはこちらのページをご確認ください。

結婚式の受付、結婚祝い、出産祝い、還暦祝い、入学祝い、七五三に選ばれています。

 

今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございまいました。

 

迷い犬を見つけたときにやってはいけないこと

2022年11月07日

こんにちは、ちゅんみです。

前回に引き続き、迷い犬に関する内容です。

(文字数の都合上、2回に分けて投稿させていただきます)

 

今回は、迷い犬を見つけたときにやってはいけないことを紹介します。

 

前回の投稿はこちらです。

併せてご確認ください。

 

 

迷い犬を見つけたときにやってはいけないこと|大きな声を出すこと

迷い犬を見かけても、大きな声を出すのはおすすめしません

 

迷い犬で名前がわかっている子でも、迷っている日数が長いと、パニックになっている可能性があります。

「〇〇ちゃん!〇〇ちゃーん!」と言うことで、驚いて走って逃げてしまうこともあり得ます。

 

走って逃げてしまい、事故にあったら大変です…。

大きな声を出さずに、見つけた場所と日時を記録して、警察や動物愛護センターに伝えましょう。

画像を撮影してSNSで飼い主を探す、目撃情報を投稿するのもおすすめです。

 

迷い犬を見つけたときにやってはいけないこと|無理やり捕獲すること

迷い犬を見かけても、無理やり捕獲しようとすることはおすすめしません

 

「早く飼い主さんのところに届けてあげたい」というお気持ちはよくわかります。

しかし、無理に捕獲しようとすると、暴れてしまうこともあります。

捕獲しようとして噛まれることもあるでしょう。

 

自分から近寄って来て、無理なく捕獲できる場合はよいですが、無理に捕獲することはおすすめしません。

失敗すると犬の警戒心が高くなり、捕獲がより困難になります。

場合によっては人前にあらわれなくなり、見つけるのが困難になることもあるでしょう。

 

 

迷い犬を見つけたときにやってはいけないこと|追いかけること

迷い犬を見つけたら、追いかけないでください

 

もうご想像がつくかと思いますが、知らない人に追いかけられることで、犬がパニックになって道路に飛び出してしまう可能性もあります。

知っている犬だろうと、迷ってしまいパニックになっている可能性もあるため、追いかけずに距離を保ってください。

 

迷い犬を見つけたときにやってはいけないこと|自分の犬を近づけること

自分の犬を近づけて、捕獲しようと試みたい気持ちもわかりますが、ケンカになってしまい怪我をすることもあります。

驚いて逃げることもあるため、自分の犬は近づけないようにしましょう。

 

愛犬を一生懸命探している飼い主さん、大好きな飼い主さんを探している犬たちが、再会できますように。

今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

PAGE TOP