ギャラリー外観

ブログ

【実母編】母の日のおすすめギフトや相場は?

2021年04月11日

こんにちは、ちゅんみです。

 

5月9日は母の日です。

まだまだ先でしょ…と思っていませんか。

あっという間にやってきますよ。

 

そろそろ計画を立てておきましょう。

 

今回は母の日のおすすめギフト(実母編)をご紹介します。

 

実母への母の日ギフトの特徴は?

実母との生活は長く、互いに好みなどを良く知っている間柄。

実母へのプレゼントは無難なものよりも、本当に実母が欲しがっているものをプレゼントすることができるはず。

 

義母であれば、何が欲しいのか聞きにくく、無難なプレゼントにまとまりがち。

しかし、実母であれば、好みも把握しているため、実母にあったギフトが選びやすいのです。

 

そのため、オーソドックスなギフトとならないことも。

 

実母への母の日ギフトのおすすめ①体験

以前、ちゅんみの知り合いが「一度タピオカドリンクを飲んでみたいけれど、ひとりじゃ並べないから一緒に来て」と言われていました。

そのお母さんは「これがタピオカね~」と嬉しそうだったとのこと。

 

お母さんの「やりたい」に一日付き合ってあげませんか。

 

ガラス細工作り体験、藍染め体験など体験できるものはたくさんありますので、お母さんの趣味に繋がりそうなものをチョイスして一緒に行ってあげてもよいですよね。

 

 

実母への母の日ギフトのおすすめ②一緒に買い物

一緒に買い物に行き、お母さんが欲しがったものを買ってあげるのもよいかと思います。

義母には「なにがほしい? 買ってあげるよ」とは言いにくいですが、実母には言いやすいはず。

 

実母への母の日ギフトのおすすめ③趣味に関するもの

お母さんが編み物好きなら、編み物のレシピが載っている本や毛糸のセットなどをプレゼントするのもよいですよね。

フラダンスが趣味なら、フラダンスの衣装やハワイアンな柄のバッグもいいかもしれません。

 

このように趣味に関するものを贈ってあげるとよいかと思います。

ちゅんみの母であれば、手話を習っています。

国立に手話を使うスタッフさんがいるスターバックスがあるそうで、感染症が落ち着いたらいつか行ってみようと母と話がでました。

(スタバの注文は母はひとりでは不安だそう^^;なんかわかるかも。)

 

どうしても趣味がわからないときは、カタログギフトや無難なカーネーションなどお花でよいかと思います。

プレゼントが好みに合うかということも大切ですが、一番は感謝の気持ち。

いつもありがとう、心配してくれてありがとう、そんな感謝の気持ちを伝えてくださいね。

 

今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

PAGE TOP